富士朝霧高原「あさぎり牛乳」(静岡県富士宮市)

富士山西麓の酪農地帯「朝霧高原」で生まれる牛乳

「朝霧高原」は、静岡県と山梨県の境に近い富士宮市北部にあり、富士山西麓の標高八百~千メートル辺りの広大な高原地帯を指します。この地域は昔から酪農・畜産が盛んで、朝霧高原といえばとりわけ牛や牛乳の産地として知られています。実際、地域一体は所々に草原が広がり、富士山の麓で牛が放牧されているというのどかで牧歌的な風景がみられます。「あさぎり牛乳」は、広大な牧草地の中、富士山の雪融け水、澄んだ空気の中でいきいきと育った牛から搾り取った成分無調整の新鮮生乳です。コクはあるのに、飲み口はスッキリしていて、とてもおいしい牛乳です。

富士山西麓の酪農地帯「朝霧高原」で生まれる牛乳

富士山西麓の一大酪農・畜産地帯、「朝霧高原」では、多くの牛が飼育されています。「あさぎり牛乳」は、広大な牧草地の中、富士山の雪融け水、澄んだ空気の中でいきいきと育った牛から搾り取った成分無調整の新鮮生乳です。コクはあるのに、飲み口はスッキリしていて、とてもおいしい牛乳です。「あさぎり牛乳」はスーパーなど量販店に出回らない少量限定生産の牛乳でとても貴重です。静岡県では道の駅「朝霧高原」、道の駅「富士川楽座」、道の駅「伊東マリンタウン」など数箇所でしか販売されていません。配達もしているそうですが、県内が主で全国的には手に入りにくい製品です。産地直売・直送ならではの鮮度と味で他の量販店で扱う牛乳とは一線を画します。ギフト用としても喜ばれます。富士山の麓で作られた新鮮牛乳をこの機会にぜひ味わってみてください。

これぞ本物の味「あさぎり牛乳」

 「ふじやま」さんも「あさぎり牛乳」を飲んだ事がありますが、とっても美味しかったです。朝霧高原に立ち寄ってみると、その広大な大自然と澄んだ空気に癒されます。この素晴らしい環境で育った牛のお乳が美味しくないわけがありません。しかも、「あさぎり牛乳」は地域限定販売で、生産直後すぐ出荷販売されるので搾り立ての感覚で飲む事ができます。生産地域周辺でしか手に入らないというデメリットはあるものの、全国区で大量生産される牛乳とは違って、比較的早く私達の手元に届くのです。牛乳のおいしさはやっぱり鮮度です。現地で生産直後の牛乳を飲むのも格別ですが、遠隔地でも通販で取り寄せる事ができます。

成分無調整の自然の牛乳

「あさぎり牛乳」は牛乳本来の美味しさと味を提供するため、加熱殺菌と脂肪分の均質化(ホモジナイズ)以外の手を加えない成分無調整の牛乳です。加熱殺菌は85℃で15秒間行い、脂肪分を砕いて固まりにくくする均質化処理をしています。成分無調整ですから季節毎に脂肪分が異なり、通常は夏は乳脂肪分が少なく、冬は多くなります。文章を入力してください

「朝霧牛乳のおいしいわけ」

 「あさぎり牛乳」を製造する「朝霧乳業株式会社」では、同社のパンフレットで「朝霧牛乳のおいしいわけ」を説明しています。

-----
朝霧牛乳のおいしいわけ
1.原乳が違います
朝霧高原のさわやかの空気と富士山の雪どけ水、また厳選された牧草で育てられた乳牛より絞りたて牛乳を85℃で殺菌処理した無調整牛乳です。コクのある季節の味をお届けします。
2.殺菌温度が違います
85℃で15秒殺菌です。(通常120℃~140℃の高温で2秒)
3.栄養が違います
100℃以上の殺菌温度の牛乳と比べると水溶性カルシウム、ビタミンC、たんぱく質、風味等の消耗がはるかに少ないため生乳に近い味がします。
4.瓶入りのわけ
牛乳は容器の臭いを敏感に吸収する性質があります。瓶容器ですとこれを十分防ぎ、おいしさをそのまま味わえます。
5.原乳の乳脂肪は一定ではありません
無調整牛乳ですので、春、夏、秋、冬、気温、湿度により乳脂肪が変わります。(春…乳脂肪率3.7~3.9、夏…乳脂肪率3.6~3.8、秋…乳脂肪率3.8~4.0、冬…乳脂肪率3.8~4.1)
-----

(以上。「朝霧乳業株式会社」パンフレットより引用)

「あさぎり牛乳」が美味しいのは厳選された原乳を丁寧に真心込めて処理しているからです。大手企業の大量生産では真似できない手間隙かけた地場産品ならではの美味しさがあります。成分無調整ですから季節ごとに違う味わいが楽しめます。

「あさぎり牛乳」が買える場所

 「あさぎり牛乳」は朝霧高原の限定生産ですが、その美味しさから着実に販路を拡大しています。朝霧周辺や静岡県内の飲食店や観光地でも「朝霧牛乳」を扱う店が多数あります。朝霧高原周辺では「道の駅朝霧高原」、「朝霧カントリーゴルフクラブ」、「朝霧ジャンボリーゴルフクラブ」、「ドライブインもちや」などで販売しています。朝霧高原以外では「道の駅ふじおやま」「道の駅伊東マリンタウン」、東名高速「足柄」、「牧之原」、「海老名」サービスエリアなどで購入できます。

朝霧高原の大自然が生み出すブランド牛乳

「あさぎり牛乳」は道の駅「朝霧高原」の代表的商品。朝霧高原の広大な牧草地帯、富士山の雪融け水、綺麗な空気の中で飼育された乳牛から搾り出した濃厚牛乳です。その美味しさは一度味わったら忘れられません。産地直売だからこその鮮度の良さと厳選された品質が自慢です。


 

「あさぎり牛乳」の関連商品

 「あさぎり牛乳」はもちろんそのままでも美味しいのですが、その牛乳を加工した関連商品もおすすめです。特におすすめなのが、牛乳をたっぷり使用した「ソフトクリーム」と「アイスクリーム」です。「道の駅朝霧高原」では「あさぎり牛乳」を主原料としたおいしい「ソフトクリーム」と「アイスクリーム」を味わうことができます。ソフトクリームは柔らかいアイスクリームの事ですが、アイスクリームは牛乳を主原料として空気を含ませたクリーム状の冷凍菓子です。どちらも新鮮な「あさぎり牛乳」原料としており、朝霧高原の恵みがギュッと詰まった商品です。

詳細情報

〒418-0101 静岡県富士宮市根原449-1 あさぎりフードパーク内
電話
0544-52-0333
URL
http://asagiri-milk.jp/
関連リンク
富士山村観光情報-朝霧高原の牛乳

周辺地図


大きな地図で見る

周辺観光情報

道の駅朝霧高原 / 朝霧高原 / ドライブインもちや / 富士ミルクランド / まかいの牧場

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA