由比名産「桜えび」

日本では駿河湾でしか獲れない超貴重なえび

「桜えび」は、静岡県の豊富な海の幸の中でも特に有名な特産物で、世界でも駿河湾でしか大量に捕れない貴重なものです。その駿河湾の河口付近に接する由比町では桜えび漁が盛んで、全国一の生産量を誇ります。桜えび漁は通常年2回行われ、春漁は3月~6月、秋漁は10月~12月に行われます。そのピンク色の宝石の様な輝きは美しく、生のプリプリした食感と甘味があり、静岡県の代表的特産品の一つになっています。特に生の桜えびは最高で、水揚げされたばかりの桜えびはたまらない美味しさです。保存の難しさから地元以外ではなかなか生では食べれませんが、釜揚げや素干し、又かき揚げにしても大変美味です。

「桜えびのかきあげ」を道の駅「富士川楽座」で食べる

道の駅「富士川楽座」の3Fの「まるせん食堂」では、「桜えびのかきあげ丼」がおすすめの逸品です。桜えびは生食はもちろんの事、釜飯、寿司、桜えび鍋など料理法は多種多彩ですが、その中でも「桜えびのかきあげ」は桜えびの香ばしさとカリッとした歯ごたえがたまりません。「まるせん食堂」では、その「桜えびのかきあげ」丼を食べる事ができます。
由比名産「駿河湾の桜えび」
生のプリプリした食感がたまらない「駿河湾の桜えび」

静岡県といえば駿河湾の海の幸が大人気。中でも駿河湾の由比港から水揚げされる桜えびは絶品です。地元では水揚げされたばかりの新鮮な生の桜えびを良く食べますが、鮮度保管の難しさから一般にはあまり出回りません。しかし、生の桜えびはプリプリして甘味があって極上の美味しさです。


周辺地図

周辺観光情報

関連URL「由比町ホームページ」 / 「ゆい桜えび館」 /  [由比町桜海老組合] / 「由比港漁業協同組合」

道の駅「富士川楽座」 / 由比本陣公園 / 由比港漁業協同組合直売所

関連情報: 「にっぽんの郷土料理観光事典」-「桜えびのかき揚げ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA