浜松餃子(静岡県浜松市)

餃子消費量日本一の浜松市の「浜松餃子」

 浜松市は餃子消費量が全国一といわれる餃子消費地です。浜松市の調査では、浜松市の1世帯当たりの年間支出額は約2万円で、餃子の名産地として名高い宇都宮市を引き離しています。餃子専門店は市内に約80軒あり、専門店以外で餃子を扱う店を含めると300店以上あるといわれています。名店といわれる餃子店では地元のお客さんが開店前から列を作り、持ち帰り用の餃子を何十個も頼んで行くようです。浜松市民の間では餃子が食生活に浸透しており、餃子が頻繁に家庭の食卓に上ります。浜松はまさに餃子の町ともいえます。
a0070_000017

「浜松餃子」の特徴

浜松餃子学会によると、浜松餃子の特徴は①もやしが添えてある、②タレ、ラー油にこだわる、③レシピが多種多様です。浜松市には餃子を扱う店が300店以上もあるので餃子もそれぞれ異なりますが、基本的にはこの3点が共通点です。まず、浜松餃子の皿には必ずといってよいほど、ゆでたもやしが中心に盛り付けてあります。これは餃子を焼く時はフライパンに円形に並べて焼いて、そのままフライパンを丸ごとひっくり返して皿に盛り付ける為に、お皿の中心が空いてしまう事から、ゆでたもやし付け合せに置く様になったそうです。

店それぞれの独自の味

餃子専門店だけでも80軒近くある浜松市では店それぞれが独自の味を持っています。浜松餃子といっても明確な基準の味があるわけではなく、餃子の具、焼き方、大きさなどそれぞれの店がこだわりを持っています。具にしても肉が多いところもあるし、野菜が多いところもあり味付けや食感もバラバラです。その中でも名店といわれる餃子専門店ではキャベツや肉にこだわっているところが多いようです。肉を多めにするとしっかりとした食感になるし、キャベツなどの野菜を多めにするとサッパリ、あっさりとした食感になるそうです。

関連情報

  1. 浜松餃子学会

詳細情報

住所
静岡県浜松市東区中田町593
住所
053-465-5373
URL
http://hamamatsugyouza.jp/

周辺地図

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA