山中湖温泉「紅富士の湯」(山梨県南都留郡山中湖村)

紅い富士山「紅富士」が見れる温泉

 「紅富士の湯」は、山中湖付近の国道138号線沿いにあり、温泉施設の充実さもさることながら、紅い富士山「紅富士」を見る事ができる温泉として人気があります。名前の通り、温泉から見える富士山は素晴らしく、夕暮れ時等の一日のわずかな時間ですが、天気が良ければ美しい「紅富士」を見る事ができます。もちろん紅富士でなくても、眼前に雄大な富士山を眺めながら、周囲の自然と調和した露天風呂に入ることができます。

露天風呂から見える四季折々の景色

 「紅富士の湯」の目玉は何といっても露天風呂で、とても広く整備された庭園の中に屋根つきの「石風呂」や「檜風呂」が構えてあります。その露天風呂から見える景色は、四季折々の模様を見せてくれます。春に訪れると新緑の向こうに富士山を眺める事ができ、秋には美しい紅葉越しに富士山、そして冬には当たり一面の雪化粧で白い富士山を拝む事ができます。特に冬の最中、雪が降り積もっていて、外気は寒くても温かい温泉につかっていると、温泉の温かさが体の心まで染み渡ります。外の澄んだ空気に触れながら、温かい湯に浸かっていると、時間も忘れてのんびりする程です。もちろん冬に限らず、春、夏、秋それぞれにおいて、違った景色、楽しみを与えてくれるのが「紅富士の湯」なのです。
内風呂からみた富士山 露天風呂 露天風呂 露天石風呂

ゆったり広々とした「内風呂」と「サウナ」

 「紅富士の湯」での景色と同様に素晴らしいのは、ゆったり広々とした風呂です。「露天風呂」の素晴らしさは既に御紹介した通りですが、「内風呂」も素晴らしい造りになっています。「内風呂」は、マッサージ効果のある「全身浴」、「圧注浴(ジェット・バス)」、「気泡浴」、「打たせ湯」、「寝湯」、「源泉ぬる湯」の他、「サウナ浴(ドライサウナ)」、「蒸気浴(ミストサウナ)」と多彩にありますが、どれも広々と造られています。特に中央の全身浴は二、三十人が一度に入っても窮屈さを感じさせないほどの広さで、正面に見える雄大な富士山を前に眺め、ゆったりと至福の時を楽しめます。

温泉に浸かった後は、大広間で食事はいかが?

 温泉に来たら一番の楽しみは温泉自体ですが、その後の食事も又温泉に行く楽しみの一つです。この「紅富士の湯」は大広間が食堂になっていて、畳の上のテーブルでゆったりくつろぎながら食事できます。広さはかなりのもので、多分100人位は座れるのではないでしょうか。あまりにも広々としているので、食事の後に横になって休んでいる人も沢山います。

豊富なメニューとお手頃料金の食堂

 「紅富士の湯」の食堂は、メニューも豊富でお手軽料金で利用できます。簡単な麺類から、カレー、丼物や山梨名物のほうとうまで各種料理を扱っています。食堂は、全てセルフサービスになっていますが、その分「味」と「料金」で勝負している様です。私は「かきあげそば」を頼んでみましたが、長々と待たされる事もなく、素早く受け取る事ができました。料金は400円と安かったですが、味の方は料金と反比例してとても美味しかったです。

充実した各種関連施設

 「紅富士の湯」では、「温泉」や「食堂」以外にも各種の関連施設が充実しています。温泉で温まり、柔らかくなった体をほぐしてくれる「マッサージコーナー」はもちろんのこと、地元の山梨県、山中湖関連の土産物を販売する「売店」もあります。更には、ちょっとした帰る時の待ち合わせやテレビを見たい時などに便利な「休憩コーナー」もあります。他にも家族で楽しめる様々な種類のゲームが置いてある「ゲームコーナー」や、座敷ではなく洋風のレストラン「四季彩」などがあります。又、家族連れや団体客には別料金で貸切部屋もあるので、非常にべんりです。
マッサージコーナー マッサージコーナー 売 店 休憩コーナー

総評:ぜひ一度は来てみましょう!

 「紅富士の湯」は総合的にはおすすめの素晴らしい温泉です。アクセスの利便性はさることながら、とにかく施設が広くてゆったりくつろげるのが「最大の魅力」ではないでしょうか。ゴールデンウィーク、盆休み、年末年始などはもちろん人出が多いでしょうが、普段の平日、土日に訪れれば窮屈に感じる事はないと思います。広々とした内風呂、露天風呂は開放的気分になり、又大広間の大食堂ではゆったりくつろぎながら食事・休憩ができます。また、「紅富士の湯」の名前どおり、景色は最高なのでぜひとも一度は訪れて欲しい温泉です。でも一度来たら又来たくなってしまう温泉が、この「紅富士の湯」なんですけどね。

詳細情報

住所
山梨県南都留郡山中湖村山中865-776
電話
0555-20-2700
URL
http://www.benifuji.co.jp/benifuji/index.html
営業時間
午前10時から午後9時まで (最終受付は午後8時30分) / 冬季限定 12月~3月(土・日・祝日のみ) / 午前6時から午後9時まで(最終受付は午後8時30分)
料金
大人700円  学生500円 小学生200円  小学生未満は無料
休業日
毎週火曜日 (7月8月は無休、祝祭日・年末年始は営業)
駐車場
50台
アクセス
①東名高速道路→御殿場I.C→R138(15分)→須走I,C→R138(15分)→ 山中湖 / ②中央自動車道→河口湖I,C→東富士五湖道路(10分)→山中湖I.C.

周辺地図

周辺観光情報

山中湖「花の都公園」忍野八海 / 山中湖平野温泉「石割の湯」 / 山中湖文学の森三島由紀夫文学館 / 山梨県立湧水の里水族館 / 山中湖パノラマ台 / 山中湖高村美術館 / 山中湖写真ギャラリー / 天使の森エンジェルミュージアム / 山中湖テディベアワールドミュージアム

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA