道の駅「牧丘」(まきおか)(山梨県山梨市牧丘町)

巨峰と温泉の町「牧丘」の道の駅

 山梨市牧丘町は山梨県北東部、山梨市、牧丘町、三富村が合併した山梨市に位置します。人口約4万人の小さな市ですが、乙女高原や西沢渓谷に代表される豊富な大自然に囲まれ、又巨峰やりんごなど果樹栽培も盛んです。市内には温泉もたくさんあり、まさに自然の中にある市です。特に牧丘の巨峰は大変有名で、果樹王国山梨の中でも群を抜いて抜いています。牧丘町独特の気候が最高の品質と味を生み出しています。その巨峰の名産地「牧丘町」の道の駅では、当然のごとく巨峰が一番の名物ですが、他にも桃や野菜などの農産物、巨峰にちなんだ菓子の土産など各種商品が取り揃えてあります。
観光案内図 駐車場 建物前 案内板

牧丘産の「農産物直売所」

道の駅「まきおか」の農産物直売所では、地元牧丘産の果物・野菜を販売しています。毎年夏の巨峰の時期には、もちろん「牧丘の巨峰」も店頭に並びます。地元のぶどう狩りや農園で購入してもよいのですが、地域にあまり詳しくなければここで買うのもお勧めです。ぶどう狩りは自分で取ることも楽しみですが、観光農園は値段が高い場合もあります。その点、公共施設である道の駅の直売所ならそんなに高い値段をつける事はあまりありません。産地直売で新鮮ですし、店員さんの説明を聞けば納得して購入できると思います。

「さくら工房」の焼きたてパン

 道の駅「まきおか」の売店では、地元の主婦の方々が作った饅頭や「さくら工房」の焼きたてパンを販売しています。道の駅といえばやっぱり地域色が出るのが特徴ですが、それは地元の人達が参加してこそ出るというものです。スーパーやコンビニで売っている商品も良いですが、やはり地元のおばちゃんが真心込めて作った饅頭やパンは愛着が湧きますし、何よりおいしいです。大変人気のようで、「ふじやま」さんが訪れた時にはほとんど売れてしまった後でしたが、棚をみるとその人気のほどが窺えました。
最高級の品質と味「牧丘の巨峰」

とびきりの美味しさ、これぞ本場の巨峰。ぶどうの生産量日本一の山梨県では各地で巨峰の生産が行われていますが、「牧丘の巨峰」は県内でも全国でも屈指のブランド品として確立しています。特大の粒で果肉が詰まり食べ応え抜群で、甘さタップリでとびきりのおいしさです。私も以前食べた事がありますが、その粒の大きさとおいしさには驚きました。「巨峰ってこんなに大きくておいしいものなんだ」と感動したのを覚えています。

「軽食コーナー」

道の駅「まきおか」の「軽食コーナー」では、うどん、そばなどの麺類や巨峰ジュースやソフトクリームなどが販売されています。種類はあまりないのでまさに軽食ですが、テーブル席やカウンター席も広く揃えてあるのでゆったりと食事をする事ができます。

詳細情報

住所
山梨県山梨市牧丘町室伏2120
電話
0553-35-4780
URL
①花かげの里まきおか
施設概要
①農産物直売所 ②売店 ③食堂 ④情報コーナー
営業時間
午前9時~午後5時30分
休業日
水曜日
駐車場
普通車56台、大型車9台、障害者用2
アクセス
国道140号線沿い

周辺地図

周辺観光情報

恵林寺 / 放光寺 / 乙女高原牧の湯 / 笛吹川温泉 / 鼓川温泉 / はやぶさ温泉 / 道の駅みとみ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA