西湖・河口湖「樹氷祭り」

西湖「野鳥の森公園」で開催の「氷の芸術祭」

 西湖「野鳥の森公園」では、毎年冬季限定の「樹氷祭り」が行われます。野鳥の生息地域にもなっている公園では、その広大な敷地と大自然を生かして、様々な氷の芸術作品が展示されます。「氷の芸術作品」は多岐に及び、滝、かまくら、樹氷などスケールの大きい作品が並んでいます。「樹氷祭り」は2000年から「野鳥の森公園」で開催されていますが、2005年には河口湖中原淳一美術館敷地内の梨宮公園にて「氷の庭園」が副会場として設けられ、例年にない賑わいをみせています。その人気の高さから、2005年は開催期間が延長される事にもなっています。

富士山を背景に「氷のアート」を眺める

 メイン会場の「野鳥の森公園」では、雪化粧の富士山を背景にさまざまな「氷の芸術作品」が展示されています。どれも共通してかなり大きなものばかりで、5メートル位の高さのものばかりです。さすがに札幌の雪祭りの氷の彫刻の様にはいきませんが、どれも写真を撮らずにいられないものばかりです。会場の一角には、木に水を吹き掛けて凍らせたと思われる樹氷もあります。
富士山と犬 不明 滝とかまくら 樹氷

夜にはライトアップで「幻想的な氷の世界」を演出

 「樹氷祭り」開催期間中は、日没になると作品のライトアップにより、「幻想的な氷の世界」が演出されます。赤、青、黄、緑など様々な色のライトを使って、それぞれの作品が照らされる姿はとても綺麗です。昼間の晴天の下で、富士山をバックに眺める作品も素晴らしいですが、夜間にライトアップで照らされた作品をみるのも一興です。夜間実施なので訪れるのは時間的になかなか都合がつきにくいですが、機会があればライトアップ目当てに来てみるのもオススメです。

「樹氷祭り」期間中は各種売店が並ぶ

 「樹氷祭り」期間中は、この時とばかりに各種売店が立ち並び、会場の「野鳥の森公園」は普段ない盛り上がりをみせます。本来、野鳥の生息地域に入っている公園は普段はとても静かな場所です。冬の季節だからということもありましょうが、さすがにこのお祭りの時は野鳥を見かけるのは困難のようです。祭りでは、常設及び臨時の売店が立ち並びますが、主に飲食店が多いようです。甘酒、うどん、そば、おしるこ、ほうとうなど、やはり冬の寒さから体を温めるメニューが人気の様でした。

詳細情報

住所
山梨県南都留郡足和田村「西湖野鳥の森公園」
電話
①富士河口湖町観光課:0555-72-3168
URL
富士山村観光情報「西湖河口湖樹氷まつり」 / 富士河口湖総合観光情報サイト
開催期間
1月中旬~2月上旬
休業日
調査中
駐車場
野鳥の森公園駐車場
アクセス
調査中

周辺地図

周辺観光情報

西湖温泉いずみの湯 / 紅葉台 / 富士眺望の湯「ゆらり」 / 西湖こうもり穴 / なるさわ富士山博物館 / 青木ヶ原樹海 / 道の駅「なるさわ」 / 鳴沢氷穴・富岳風穴

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA