河口湖ハーブフェスティバル

ハーブの祭典、「ハーブフェスティバル」

 毎年6月、河口湖周辺にラベンダーが咲く時期になると、「河口湖ハーブフェスティバル」が開催されます。山梨県河口湖周辺は昔からハーブの栽培が盛んで、毎年6月頃になると河口湖湖畔の「大石公園」、「八木崎公園」等で、ラベンダーを中心とした約10万株のハーブが咲き誇ります。見渡す限りの満開のラベンダー畑は人々の心を癒し、最高の気分にさせてくれます。ラベンダーが咲き続ける7月中旬頃まで「ハーブフェスティバル」は開催され、連日多数の観光客で賑わいます。

富士河口湖町の総力を挙げた一大イベント

 「ハーブフェスティバル」は富士河口湖町が官民一体となり、町全体を挙げて取り組む一大イベントです。メイン会場の「八木崎公園」、「大石公園」ではハーブ関連商品、河口湖周辺の地場産品が出品され、多数の出店が連なります。又、ハーブを使ったジュース、ソフトクリーム、料理など各種の飲食店が立ち並びます。更に、「ガーデニングコンテスト」なるものが催され、地元ガーデニング家や企業がそのガーデニングの技術、芸術の高さを競います。また、各種アトラクション、コンサート、ブルーベリーの摘み取り体験や周辺美術館、博物館も参加するスタンプラリー等、地域一体となったイベントです。

ラベンダー畑と富士山の競演

 河口湖周辺の各施設で開催される「ハーブフェスティバル」ですが、「ラベンダー畑と富士山の競演」を見る事ができるのは、河口湖北側湖畔の「大石公園」です。 「ハーブフェスティバル」は毎年一斉に開花するハーブをお祝いする意味で開かれますが、主役はもちろんラベンダーを中心としたハーブです。来場者のほぼ全員がイベント主役のラベンダーを写真に収めていきます。また、天気が良ければ富士山をバックにラベンダー畑を写す最高の写真を撮る事ができます。

ラベンダー以外にもカモミールや各種草花

メイン会場の「八木崎公園」では、ラベンダーはもちろんの事、カモミールやベゴニア等の各種草花が特設の花壇に敷き詰められています。ラベンダーの開花時期に合わせて植えられている様で、ラベンダー満開の時期に素晴らしいお花畑を見る事ができます。

2011年「河口湖ハーブフェスティバル」

2011年の「河口湖ハーブフェスティバル」は6月17日(金)から7月10日(日)まで開催されます。「富士の麓で紫色のラベンダーが香り、咲き誇る。」をテーマに、午前9時から午後6時まで開催されます。会場は「河口湖畔八木崎公園」と「大石公園」です。「八木崎公園」がメイン会場ですが、「大石公園」では6月上旬から10月中旬まで「花のナイアガラ&花街道と花小道」と題して、花の滝の様な景色を御覧頂けます。

詳細情報

会場
富士河口湖町「大石公園」「八木崎公園」
問い合わせ
0555-72-3168
富士河口湖町観光課(河口湖ハーブフェスティバル実行委員会)
URL
http://www.fujisan.ne.jp/
開催期間
6月中旬~7月中旬頃まで
駐車場
「大石公園」、「八木崎公園内」

周辺地図

周辺観光情報

河口湖オルゴールの森 / 久保田一竹美術館 / 河口湖ミューズ館「与勇輝」館 / ほうとう不動 / 宝石の森 / 西湖温泉いずみの湯 / 富士眺望の湯「ゆらり」 / 道の駅なるさわ / 道の駅富士吉田 / 紅富士の湯 / 花の都公園 / 石割の湯

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA