ほうとう不動(山梨県南都留郡富士河口湖町)

伝統の蔵造り風店舗

 「ほうとう不動」は山梨の郷土料理「ほうとう」を頑固にこだわりを持って提供しているお店です。山梨県南都留郡富士河口湖町に「河口湖北本店」、「河口湖南店」、「河口湖駅前店」、「東恋路店」と4店舗構えています。各店舗それぞれ伝統的な蔵造りの建築様式で、地元でも一際目立つ建物でわかり易いです。

こだわりの「ほうとう」専門店

「ほうとう不動」の「ほうとう」へのこだわりは凄いです。店のメニューはほうとう以外ほとんどありません。メニューはわずか数種類で、「不動ほうとう 税込1,050円」、「馬刺 税込1,050円」、「いなり寿し 税込420円」、「もつ煮 税込420円」、「つけもの盛合せ 税込525円」、「キムチ 税込525円」、「ご飯 税込210円」のみです。メインメニューは「不動ほうとう」1種類のみで、他は完全にサイドメニューです。これは店側が「ここにはほうとうを食べに来てください」と主張しているからです。その主張どおり店自慢の「不動ほうとう」は絶品です。極太の自家製ほうとう麺にかぼちゃ、里芋や山菜を入れて、富士山麓のみそで煮込んでいます。注文を聞いてから作るので、食卓に並ぶまでに約20分かかります。量は多めで、大きい鉄鍋にアツアツの状態で出てきます。子供には量が多いかもしれないので、子供2人で1人前で丁度良いかもしれません。

ほうとう不動 東恋路店 / kawamura shin

営業は麺がなくなり次第終了

 「ほうとう不動」の営業時間は各店午前11時から午後7時までですが、ほうとうの麺がなくなり次第閉店となります。ですから観光シーズンともなれば夕方には食べられない場合もあります。本店は300席、南店は450席、駅前店は110席とどれも大人数を収容できますが、シーズンの昼食の時間帯には満席になっている場合もあるほどの人気店です。午後4時以降の来店を希望している時は事前に確認する事をおすすめします。

秘伝の薬味

 店の各テーブルに置いてある調味料は「ほうとう不動」の「秘伝の薬味(調味料)」です。厳選された数種の薬味を店秘伝の調合で、絶妙な辛さと香りの薬味に仕上げています。お好みに応じて「ほうとう」に入れれば、ピリッと辛い一味違ったほうとうを食べる事ができます。この「秘伝の薬味」は評判が高く、店でも持ち帰り用に1パック525円で販売しています。ご希望の方は本店で通販も受けているので、電話してみてはいかがでしょうか。

白い雲の様な建物の新店舗

ほうとう不動 東恋路店 / kawamura shin
「ほうとう不動」に4店目となる新店舗「東恋路店」を2010年1月にオープンしました。従来の3店舗の蔵造りの建物とは全く異なり、外観は「富士山にかかる雲が、ふわりと降りてきたような」真っ白の建物です。中に入ると天井は高く、壁も真っ白で、広いスペースにテーブルがズラッと並ぶ大食堂の様になっています。建物のデザインは山梨県出身の建築家、保坂猛氏によるものです。斬新なデザインとは裏腹に、メニューは他の3店舗と同じで、メインメニューの「不動ほうとう」は健在です。

詳細情報

住所
山梨県南都留郡富士河口湖町河口707 (河口湖北本店)
電話
0555-76-7011
URL
http://www.houtou-fudou.jp/
営業時間
10:30~19:00
休業日
年中無休
施設概要
席数300席(テーブル、座敷)
利用料金
不動ほうとう 1050円
アクセス
河口湖ICより国道137号線
駐車場

周辺地図

周辺観光情報

大石公園 / 河口湖自然生活館 / 河口湖美術館 / 久保田一竹美術館 / 河口湖猿まわし劇場 / 河口湖オルゴールの森 / 野天風呂天水 / カチカチ山ロープウェイ / 富士眺望乃湯「湯~園」 / 八木崎公園 / 河口湖ハーブ館 / 自然工房石ころ館 / 河口湖中原淳一美術館 / 河口湖ミューズ館与勇輝館 / JA富士河口湖物産館 / 道の駅「かつやま」 / 河口湖木ノ花美術館 / ほうとう屋敷みさか路

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA