道の駅「下部」(しもべ)(山梨県西八代郡下部町)

本栖湖から身延山へ抜ける国道300号線沿いの道の駅

 道の駅しもべは下部温泉で有名な山梨県下部町の道の駅です。本栖湖から身延山へと抜ける国道300号線、通称「本栖みち」の途中にあります。国道300号線は、道は問題なく整備されているのですが、起伏が激しく山を越えていくといった山道です。特に冬場は、雪が降ったりすると通行不可能に近い状態になります。スタッドレスやチェーンを装着しても、豪雪の場合は危険なので、十分気をつけて下さい。天候、路面状態などの詳細は関係施設等に問い合わせて下さい。

道の駅そのものです

 道の駅「しもべ」は、文字通りの道の駅で、道沿いの一時休憩的施設です。道の駅の必須条件であるトイレ、駐車場は完備されていて、売店と情報コーナーもあります。更に、地域振興施設の様な「下部農村文化会館」や「ホタルドーム」等の付帯施設があります。又、食堂もありますが、残念なことに、営業時間が11時半から午後2時までと非常に限定的になっていた事です。食堂では、手作りの手打ちそばなどが食べられるようでしたが、私が訪れたときは営業時間外ということもあって、残念ながら利用できませんでした。もう少し営業時間が長ければ良いと思いました。

普通の売店です

 それでは、本館の売店はというと、こざっぱりした感じの普通の印象を受けました。一通りのみやげ物から、ジュースやお菓子、ちょっと小腹を満たすスナックやパンなどが販売されていました。漬物やキーホルダーなども置いてあり、普通の売店だなと言えます。

道の駅「しもべ」の関連商品①

下部温泉の天然鉱泉水「信玄」

下部温泉は戦国時代に武田信玄の隠し湯として利用された甲斐の名湯です。戦国最強を誇った武田騎馬軍の湯治場としても知られ、兵士達が戦場の傷を癒したと伝えられています。単なるミネラルウォーターではなく、下部温泉の天然鉱泉水です。


道の駅「しもべ」の関連商品②

川魚をじっくり煮込みました「ヤマメの甘露煮」

下部の特産品の一つが川魚のヤマメです。山間部の綺麗な水の中で育てられたヤマメはクセもなく、身が締まってとても美味しいです。醤油と砂糖で何時間も煮込んだヤマメは味が染み込んでおり、川魚特有の臭いもありません。残念ながら下部産のヤマメの通信販売がないので、別産地の商品を掲載させて頂きました。

総評:利用し易い普通の道の駅

結論としては、可もなく不可もない普通の道の駅と言ったところでしょうか。駐車場、トイレ、売店など基本的な施設はありますが、食堂に関しては昼間のわずかな時間しか営業してないのが難点といえるでしょうか。ただ、場所的には本栖湖畔から富士川、身延方面へ抜ける「本栖みち」沿いにあり、利用しやすいと思います。近くを立ち寄った時には立ち寄ってみるのも良いかと思います。

詳細情報

〒409-3106 山梨県南巨摩郡身延町古関4321番地
電話
0556-20-4141
URL
https://www.town.minobu.lg.jp/index.html (身延町ホームページ)
営業時間
5月~9月:午前9時~午後6時 10月~4月:午前9時~午後5時
休業日
毎週水曜日、その他祝祭日の代休、年末年始
駐車場
①第1駐車場:小型車32台、大型車4台 ②第2駐車場:小型車13台、大型車3台、 身体障害者用1台

周辺地図

周辺観光情報

湯の奥金山博物館 / ヤマメの里 / なかとみ和紙の里 / 木喰の里微笑館 / ホタルの里 / 身延山久遠寺 / 本栖湖 / 門西家住宅 / NPOみのぶ観光センター / 富士川クラフトパーク / みのぶゆばの里 / 丸一食堂 / 富士川倶楽部 / 本栖湖いこいの森キャンプ場 / カフェ&鉄板レストラン 藤川

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA