観光情報一覧

SIGHTSEEING INFORMATION LIST

観光施設

観光施設といえば、遊園地、アミューズメント施設、体験施設、地域振興施設などに始まり、客層もファミリー、カップル、子供、お年寄り向けと様々あります。ただ単に遊びや、学習目的、地域特産振興など目的も色々ですね。
旅の目的地ともなり、また旅の一時の楽しみともなる観光施設をここで紹介します。

大自然・景勝地

ここでは作者が訪れた大自然の観光名所を紹介します。
登山、ハイキング、散策、桜や紅葉など大自然の美しさは観光の原点でもあり、最大の醍醐味です。
例えどんな素晴らしい温泉や宿でもそこから見える景色がつまらないものであれば、楽しみは激減してしまいますよね。
反対に普通の温泉や宿でも絶景がみえれば、楽しさ倍増です。
そんな観光の真骨頂ともいえる大自然の美しさ、楽しさを少しでも紹介したいと思います。

道の駅

「道の駅」の役割
「道の駅」と呼ばれる施設は、全国で700箇所以上あります。
「道の駅」とは、東名高速道路のサービスエリアのようなもので、長距離運送などのトラック運転手や家族連れの長旅での休憩・食事場所を提供し、疲れを癒したり、地域の特産物などをお土産として利用できる施設です。文章を入力してください
「道の駅」の重要性
「道の駅」は、地元の人はもとより、市外県外など遠方からの人々にとっても、重要な役割を果たしています。
その土地をほとんど知らない人達にとって、休憩・食事場所を捜したり、観光スポットを見つけたり、お土産を求めたりするのはとても手間と時間が掛かります。それらのニーズに応える形で発展してきたのが「道の駅」なのです。「道の駅」に行けば、車を止めて休むこともでき、お手洗いが利用できるし、食堂でお腹を満たし、お土産を買う事も情報コーナーでその地域の遊び所、道案内を得る事もできるのです。そんな訳で、「道の駅」の重要性は高く、これからも益々増えていくと思われます。
道の駅の「多種多様性」
全国で700以上ある「道の駅」は、その数の分だけ個性があります。私も数多くの道の駅を訪れましたが、当然の事ながらどれ一つとして同じ駅はありませんでした。電車の駅なら大小の差こそあれ、施設的には全国ほぼ同じですが、「道の駅」はそうではありません。「道の駅」では、駐車場、トイレ、自販機、食堂などの基本的なの施設はどこでもありますが、美術館、博物館、温泉、公園、体験施設などの独自の施設を備えた駅もたくさんあります。

温泉

御願い: ここでは、作者が実際に行ってみた事のある温泉を紹介しています。自身の体験に基づいて紹介してあるので、十分注意していますが、不正確、不十分な点がありえる事をご了承下さい。読者の皆様の旅の参考になれば幸いと考えています。個々の温泉の詳細な情報については当該施設のホームページ等を検索サイトで探すなりして入手して頂く様お願い致します。文章を入力してください

名物・特産品

食事に始まり、食事に終わる。これこそが旅の醍醐味です。所変われば、食べ物も変わります。
私はそれほどグルメではありません。
行く先々の観光地でも必ず名物料理を味わってきたわけではありません。
それでも、やはりこれだけは食べておかなきゃという料理は押さえる時もあります。
そんな私でも少なからず名物を食べてきました。
ここでは各地の名物、特産料理、人気メニューなどを紹介したいと思います。

美術館・博物館

美術館や博物館は、各々違うテーマを扱います。芸術的なものから娯楽的なものまで千差万別です。
作者は芸術や美術に造詣が深いわけではないので、訪れた場所は殆ど娯楽的なものです。
観光目的として訪れるも良し。ぜひ読者の旅の参考になれば幸いです。

観光イベント

 観光イベントといっても多種多様ですが、各イベントに共通しているのは、それぞれの地域の独自性、名物、自然を前面に打ち出したものだということです。その土地独自の自然を見世物にしたイベントでは、桜の名所では「桜祭り」、ラベンダーが咲き誇る町では「ハーブフェスティバル」、ひまわりが一面に咲く山梨県明野村では「ひまわり祭り」などがあります。土地独自の自然をテーマにしているイベントでは、テーマパーク等の施設よりもコストを抑えて観光客を呼び込めることもあり、地域のイベントとして効率のいい集客が期待できます。

飲食店・土産物店

静岡県、山梨県、富士山周辺の飲食店・土産物店の紹介

宿泊施設

このコーナーでは富士山周辺の観光のための宿泊施設を紹介致します。
数多くの宿泊施設の中では、リーズナブルな観光・ビジネスホテルを中心に紹介します。
宿泊よりも観光により支出したいという方を念頭に置いています。
料金は食事なし又はありの場合もあります。詳細は当該施設のHP等を御覧ください。
Pocket